営業代行とは

営業を外部に代行させる

「営業代行」とは、企業の営業部門の一部または全部を外部に代行させることです。「営業アウトソーシング」、「セールスアウトソーシング」、「営業支援」、「営業外注」と呼ぶ場合もあります。企業の営業活動に付随する顧客とのアポイントメント取りつけや契約、アフターサービスの中の一部またはすべてを外部に代行させることです。企業の分業化やリストラが進み、顧客窓口である営業すらもアウトソーシングの対象として見られるようになったため生まれたサービスです。
企業が営業代行を利用する理由としては、スピードが考えられるでしょう。例えば共同購入サイトや比較サイトの立ち上げる場合、スピードが勝負です。サイトに掲載する事業者や店などを一気に獲得しないと、参入の余地がなくなってしまいます。また商材やその市場が魅力的でチャンスがあるほど、追随する競合他社は多いものです。シェアを確保し、優位に立つために営業代行が活用されているのです。

プロに任せる

営業代行を利用の理由として、スピードを重視する以外には、コストの削減が挙げられるでしょう。最近の企業の傾向、そして営業する人間の傾向として、「泥臭い」営業手法を苦手とする会社が多いようです。その為営業代行業者のような、独自のスタイルで市場を掘り起こすプロ集団へのニーズが高まっているのです。
固定化した不況で人員を最低限に抑え込み、人材育成を後回しにしていたところに、定年退職者が増えた結果人手不足になっている。そんなニュースを聞いたことがありませんか? そんな状況下であれば、新規事業をたちあげるからと言って、初期段階から営業チームを手当てするのは大手企業でも難しいでしょう。しかもそれが飛び込み営業なら「外部のプロに任せよう」というのも、経営判断としては正しいのです。
軌道に乗るかどうか分からない事業に、固定費はつけられません。電話でのコール営業が主体となれば、専用拠点も含め、外部を活用する方が得策です。