成果報酬の営業代行

見込の低い案件も

企業を経営する上でいくつかの固定費がありますが、人件費はその大部分を占めます。その費用を圧縮する為の営業代行ですから、成果が出た際にだけ費用を払う「成果報酬型」は魅力的です。しかし「成果報酬型」にも種類があり、成果報酬型の会社に依頼したからすべて任せられるとはかぎりません。
新規開拓営業には、「見込の低い案件」というのは存在します。どれだけ素晴らしい営業代行会社でも、これを0にする事はなかなか難しいので、ある程度は許容範囲として受け入れる必要があるのが現実です。「アポイントベースの完全成果報酬制」に依頼した場合、この率がどうしても高くなる傾向にあります。テレアポスタッフは、日々営業トークを磨いていますので、「断りにくかったので」アポを入れたというケースも出てきますが、それも費用分としてカウントされます。そして「売上ベースの成果報酬型」の場合は、「売れない」と判断されると、営業活動をしてもらえない場合もあります。

違いを理解して選択

「成果報酬型」に対して、期間に応じて一定の金額の発生する契約形式が、「定額型」です。依頼する側としては、儲かる見通しがないのに費用が発生するというリスクが生じ、全く成果・利益が出ないというケースもありえます。その反面、代行会社が固定のメンバーをつけてじっくりと営業活動を行うことができますし、ノウハウの蓄積や営業手法の見直しを行い、飛躍的な成果が出る可能性もあります。
最近ではテレアポまでは「成果報酬型」、訪問以降は「固定費報酬型」と言うように、業務区分によって報酬体系を分け複合型を採用するケースも見られます。どの費用体系が一番ということはありませんから、契約書作成の際などにはしっかりと違いを理解して選択しましょう。場合によっては、税理士や行政書士などに相談するのもよいかもしれません。そして何よりも、代行会社にまかせっきりにするのではなく、パートナーとして常に確認、改善していくことが重要です。