成功報酬型とは?

利用方法を見極めたい、成功報酬型の営業代行

スポット的には利用したい成功報酬型

成功報酬型の営業代行を利用したいと思っても、基本はどのくらいかかるのか、成功報酬といって、最終的にはどのくらいの支払いになるのか、どのような営業に適しているのかなどがさっぱりわからず、二の足を踏んでいることはないでしょうか。

そこで、固定報酬型、成功報酬型の違いを見ていきます。固定報酬型は、商品を売れた、売れないの実際の成果に関わらず、契約を結んだ間の報酬を支払うという契約になります。経費がわかるため、予算内で収まるなら、利用する価値は大きくなります。

成功報酬型は、商品を売ってから初めて報酬が発生します。ゼロならば経費はゼロですが、とても売れた場合には、固定報酬型に比べて割高になってしまう可能性があります。テストマーケティングなどに利用することは効果大ですが、長期にわたるとなると疑問が残ります。

最近では、営業代行企業の売り文句に、「初期費用、月額運営費用、アポイント運営費用、訪問営業代行費用一切無料」ということがありますが、よく説明を聞いてみると、成果報酬が利益の半分以上を占めていたり、営業成功率が悪い案件は引き受けなかったりするという裏があります。

営業代行を依頼する時には、自社は何がしたいかを明確にし、営業代行企業がどこまで何をしてくれるかを見極め、選んでいくことが重要でしょう。

 

ビジネスパートナーの視点で選ぶことが必要

営業は企業の要。だからこそ、手の内を明かして業績を伸ばしてもらう営業代行企業には、ビジネスパートナーとして重要な役割があります。

限定的な成功報酬型の営業代行だとしても、営業は自社の営業戦略に関わる根幹ですから、怪しい営業代行企業には絶対任せることはできないでしょう。それには、単に料金が高い・安いという基準で選ぶのではなく、ビジネスパートナーとして長く付き合っていけるかの資質を見極めなければなりません。

依頼始めはまだ信頼関係が希薄ですから、徐々に様子を見ながらアウトソーシングをしていくことも一つです。